めいほうスキー場ゲレンデ紹介

アクセスについて

めいほうは、東海北陸道郡上八幡ICから車で30分ほどに位置しています。岐阜県内には高須スノーパークやウイングヒルズ白鳥、ダイナランド等沢山あるので、夕方になると東海北陸道がスキー場帰りの車で渋滞します。 めいほうは岐阜県内のスキー場の中では名古屋よりに位置しているので、その点では少し有利です。

コブ斜面について

ゲレンデは圧倒的にボーダーが多いです。めいほうスキー場が謳っている「山頂から5500メートル」のクルージングを楽しむには、第1クワッドと第2クワッドを乗り継がなければいけませんが、両リフトとも休日は大変な混雑です。
コブ斜面を楽しむには、混雑した第2クワッドか、比較的空いている第4クワッドを利用します。 第2クワッドを降りて左のコースはγ80、右にはγ90があり、両方とも、急斜面に大きなコブがあります。個人的にはγ80は景観が良く、特に晴れていると南アルプスが望めます。両斜面とも急なので、コブの練習というよりは、コブと景色を楽しむといった感じです。
コブの練習には第4クワッド横のβ30の斜面が良いと思います。コブも綺麗で、ピッチも自然コブの割には均一です。コブが終わると第4クワッドまで中・緩斜面のフラットが続きますが、ボーダーやスキーヤーで混み、接触にに注意しなければいけないほどです。第4クワッドは、第1クワッドや第2クワッドに比べると、それほど並ばずリフトに乗れる点が良いと思います。
めいほうには、常設モーグルコースはありませんが、第2ペア横の第3ゲレンデは斜度も中・緩斜面なので、ここにラインコブをつくったら、リフトも混みませんし、いろんな人が楽しめるのではと思います。

めいほうゲレンデマップ

ゲレンデ写真

写真をクリックしてください
01

(1)γ80(第2クワッド降りて左のコース)コブ斜面上部の写真です。
斜度があり、ボーダーや様々なスキーヤーが滑っているので、大きく不規則な形のコブが張り付いています。

02

(2)
γ80下部の写真です。中間部から下部にかけ、ラインが出来ています。ピッチが長く、コブは深いですが滑り応えがあり面白いです。この先から第2クワッドまで、人が少ないのでフラット斜面が高速で楽しめます。


03

(3)
γ90(第2クワッド降りて右のコース)滑り出しはかなりタフなコブ斜面が続きます。
γ80に比べると、森に挟まれ窮屈な感じです。

04

(4)
γ90中間部から見たコブ斜面上部の写真です。

05

(5)
γ90の中間部から見た写真です。大きめですが、比較的均一なコブ斜面が第2クワッドと交差する辺りまで続いています。


06

(6)
β30(第4クワッド降りて左のコース)付近のコブです。すり鉢状にコブがあります。
自然コブですが、形もよく滑りやすい斜面です。コブ斜面の下部の緩斜面にはラインコブがありました。

おまけ

国道156号線、東海北陸道郡上八幡ICから名古屋方面に向かって3Km程のところに「ベトコンラーメン」というラーメン屋の看板が目に入ります。スープの中にニンニクの玉がごろごろ入っています。ニンニクが苦手でなければオススメです。店構えは気にせず、是非勇気を出して暖簾をくぐってみてください。オススメは店名と同じ「ベトコンラーメン」です。

Copyright(C) 2007 MOROKEN.COM All Rights Reserved.