ダイナランド

アクセスについて

東海北陸道高鷲ICから駐車場まで、正味15分ほどです。高速道路からの立地はとても良いです。また、高鷲IC料金所を降りてすぐ道が分岐しますが、標識があるのはもちろん、路面も分かりやすく着色されているので、ナビが無くても迷うことはまずないと思います。今回取材時は、試験的にダイナランドと、高鷲スノーパークがゲレンデ内(ダイナランド 「βライナー」降り場付近)で、双方向行き来できるようになっていました。(1日券に1,000円足す必要があります。)高鷲スノーパークよりも、ダイナランドの駐車場が、より高速ICに近いので、ダイナランドの駐車場を利用しました。ダイナランドの駐車場にある一部の駐車場は、センターハウスから遠いですが、ゲレンデ近くの駐車場の収容数もしっかりと確保されています。取材当日は、駐車場に9時過ぎに着いたのですが、それでもセンターハウスから比較的近い場所に止めることができました。ただし年末年始や、1月、2月の連休中は、早い時間に着かないとセンターハウス付近は厳しいかもしれません。

コブ斜面について

ダイナランドの常設モーグルコースは3ラインあり、内1ラインはエア台もあります。コース長は200m、斜度も第1、2セクションが20度〜25度、第3セクションが15度くらい(距離、斜度とも目測です。)と非常に滑りやすいです。第1セクションと第2セクションのピッチは、若干短く、深く掘れてくると、板のトップでスピードコントロールしやすいコブになります。第3セクションは、細かめの縦コブになります。また、エア無しのラインは、ちょうど第1セクションと第2セクションのつなぎ目、第2セクションと第3セクションのつなぎ目で、ともにピッチが変わります。コブを滑り慣れた人にとっては非常に面白いコースだと思います。ただ、山に向かって左側が林、そして右側がコース外という立地なので、途中からコースに入ることができません。そのため「緩斜面の第3セクションだけ滑りたい」といわけにはいきません。 自然コブはチャレンジコースA/B/C、それからスカイラインAコース、神中Bコースにできます。これらの自然コブが色々楽しめるのもダイナの魅力の一つです。そして、運がよければこれらの非圧雪バーンは、朝一番新雪がいただけます。

ゲレンデ写真

写真をクリックしてください
ダイナランド01

(1)
「αライナー」乗車中に撮った神中Bコースです。はっきりしたコブはできていませんでした。


ダイナランド02

(2)
同じく「αライナー」から撮った「スカイラインAコース」の斜面です。雪不足のため、コブができるどころか、ところどころ土が出ています。


ダイナランド03

(3)
モーグルコースのスタート地点から撮った写真です。
雪の量は問題ないのですが、気温が高いため、コブはゆるめでした。


ダイナランド04

(4)
モーグルコース下部から撮った写真です。第1〜第3セクションまでの間隔は、1:1.5:2くらいです。
エア台は第1、第2とも同じような角度です。

(5)
「γライナー」乗車中に撮った写真です。左がモーグルコース、右がフラットバーンです。このバーンはフラットターンの練習にオススメです。


ダイナランド06

(6)
今回、隣の「高鷲スノーパーク」に行く為に、ここでダイナのリフト券と引き換えました。


Copyright(C) 2007 MOROKEN.COM All Rights Reserved.
ご利用上の注意 サイトマップ