スキージャム勝山ゲレンデ紹介

アクセスについて

ジャム勝は北陸道福井北ICから車で、4、50分ほどのところにあります。北陸道、それから高速ICからスキー場までもは、比較的混みません。また、スキー場まで最後の数キロの山道(報恩寺有料道路:1300円/含む:駐車代)は、斜度もそれほど無いので、スタッドレスタイヤだけでも困ることは無いと思います。ただ、料金所から駐車場まで登り道は少し傾斜が強くなるります。料金所では一旦止まるので、2輪駆動車は少し気を使うかもしれません。

コブ斜面について

 スキージャム勝山は、駐車場のどの場所に止めても、極端にセンターハウスまで遠くなることは無いと思います。またゲレンデも広く、「バラエティサイト」では初心者や、ちびっ子が楽しめるゲレンデが、センターハウスに近い場所にあるので、ファミリーにもオススメです。また、「ファンタジーサイト」には幅広で、中・緩斜面がたくさんあり、中級スキーヤーも大いに楽しめると思います。コブや急斜面を楽しみたいのであれば、「イリュージョンサイト」が良いと思います。急斜面から、中斜面の自然コブがあり、リフトから、コブ斜面へののアクセスも大変良いです。例えば、モーグルコースだけを滑るのであれば、「イリュージョントリプル」を利用すれば、ロス無く繰り返しコースに入れますし、自然コブと、モーグルコースを併せて滑りたい場合は、「イリュージョンクワッドA/B」(Aはリフトを降りてから自然コブ斜面まで、極端な緩斜面が続くのでオススメはBです。)を利用すると上から下まで、コブを満喫できます。また、「イリュージョンサイト」にはフラットな中斜面も、しっかりあります。 勿論、「フリーライドパーク」の他、常設のモーグルコース(10時〜15時オープン)もあります。コースは、ピッチも均一で非常に滑りやすく、また、スタッフの方による「デラガケ」も定期的に入るのでコンディションもとても良いです。スキー場が広いので仕方が無いのですが、センターハウスでリフト券を買ってからモーグルコースにたどり着くのには、リフトを乗り継ぎ40分程掛かるのが唯一の難点ですが、それ以外はあらゆる点で満足度が高いスキー場だと思います。

スキージャム勝山ゲレンデマップ

ゲレンデ写真

写真をクリックしてください
01

(1)
「イリュージョンクワッドA」を右手に降りて、100mほど滑ると右手に自然コブ斜面があります。 出だしは斜度がなく、コブも深くなくとても滑り易いです。 この自然コブは「イリュージョンクワッドB」(リフト降りて左側)からも入れます。但し、自然コブの途中からになるので、上部(左写真の付近)を滑るには、「イリージョンクワッドA」を利用しなければいけません。


02

(2)
自然コブ斜面の途中を上に向かって撮った写真です。この辺りから「イリュージョンクワッドB」降り場コースとの合流です。ちなみに写真右上に見えるリフトは「イリュージョンクワッドA」です。


03

(3)
上の写真を撮った場所から、下部を撮った写真です。晴れていれば眼下に勝山市内が見渡せます。また、この辺りから少しコブが深くなりますが、斜度はなく滑り易いです。この先、斜面が落ち込みます。


03

(4)
自然コブの一番下(イリュージョントリプル)降り場付近から山に向かって撮った写真です。
写真のコブは大きく、落差もあります。

05

(5)
モーグルコースのスタート位置から撮った写真です。ラインはエア台ありのラインが1本とエア台無しのラインが1本です。 第2セクションから、斜度が強くなるので、スタート位置からは第3セクションしか見えません。


06

(6)
コースの下から撮った写真です。山に向かって左がエア台が無いラインです。たくさんのスキーヤーが滑るため、コブはエア台のあるラインに比べると少し深くなっています。また、エア台のラインは第1エアのランディング地点の処理がポイントです。


07

(7)
「イリュージョントリプル」横にある急斜面です。 写真では判りづらいのですが、写真中央付近から急に斜面が落ち込みます。


08

(8)
「イリュージョントリプル」横の急斜面の中央付近から上に向かって撮った写真です。 例年に比べると、極端に雪が少なく、取材時(2月17日)はところどころ、草が出ていました。 荒れた急斜面ですが、コブらしいコブも無く、見た目ほど難しくない斜面だと思います。


Copyright(C) 2007 MOROKEN.COM All Rights Reserved.
ご利用上の注意 サイトマップ