ホワイトピア高鷲

アクセスについて

東海北陸道高鷲ICから15分ほどですが、2つ手前のぎふ大和IC付近から田んぼ道を通り峠を越えるルートで行ってみました。ぎふ大和ICから国道156号線に入り、2Kmほど行くと道の駅「古今伝授の里やまと」という看板が見えます。そして高鷲方面向かって左手に昭和シェルがあります。 それを過ぎてすぐの交差点を右折します。右折するとすぐ上記の道の駅があります。そして、その道を数キロ進むと、今度は道の駅「白鳥ふれあいパーク」があります。そこからさらに、道なりに直進して30分ほどでスキー場につきました。 取材時は、夜が明け、山道にも雪もなく、のんびりと田舎道を楽しみましたが、片側1車線の峠道が続くので降雪時や夜間は、高鷲ICから行くのが無難かもしれません。

コブ斜面について

 ホワイトピア高鷲は、駐車する場所で快適度がかなり違うと思います。センターハウスから遠い場所は未舗装で、ぬかるんでおり、田んぼのあぜ道といった感じです。一方でセンターハウスに近い場所はきれいに舗装されていて、快適そのものです。ちなみにオススメはゲレンデに向かって右手、の駐車場です。ここは、センターハウスB1のお手洗い(利用者が少ないです)にも近いです。ただ駐車スペースは少ないので早い時間で一杯になるかもしれません。 駐車場代金(1日1,000円)は帰りに支払います。料金所の手前が、曲がりくねった上りの山道なので、降雪時ここで、止まったり発進したりするのを繰り返すのはちょっと大変なので、この方法はとても良いと思いました。 ゲレンデは「第1クワッド」付近の中央のゲレンデ(「サンライズゲレンデ」)に、山に向かって右手の稜線(「パノラマウェイ」)から、6本のコースが流れ込んでくるのが特徴です。これらのコースは中・急斜面で構成されていて、晴れていると左正面にダイナランドや高鷲スノーパークが見え壮観ですが、滑走距離が短いのが玉にキズです。ですが、中・急斜面でのフラットターン練習するのであれば、「サンライズゲレンデ」に比べ比較的空いているのでここが良いと思います。
  モーグルコースは「第1クワッドリフト」もしくは「第4ペアリフト」を降りて右手にあります。常設のモーグルコースが2連発というのはとても面白いと思います。モーグルコースの前後にラインコブができているところはよくありますが、ホワイトピア高鷲は整備され、かつエア台もあるコースが2コース立て続けにあります。両コースとも、極端にピッチが細かかったり、落差があったりすることはないので、基礎スキーヤーにもオススメなコースです。

ホワイトピア高鷲ゲレンデマップ

ゲレンデ写真

写真をクリックしてください
ホワイトピア高鷲ゲレンデ01

(1)
「第4ペアリフト」を右手に降りた場所から撮った写真です。左手にモーグルコース、右手に「第4ペアリフト」が見えます。


ホワイトピア高鷲ゲレンデ02

(2)
「第2クワッドリフト」降り場付近から隣の鷲ヶ岳スキー場のリフトが見えます。柵がなくなればいいのにと思います。


ホワイトピア高鷲ゲレンデ03

(3)
「第2クワッドリフト」を降りて右手のコースです。写真で見るより斜度があります。
コース幅もあり、人も少ないので、フラットの練習にオススメです。


ホワイトピア高鷲ゲレンデ04

(4)
一つ目のモーグルコースです。斜度は15、6度位でしょうか、斜度、ピッチ、大きさとも一定のコブが3ラインあります。
山に向かい一番右端ライン下部にはエア台もあります。
エアを飛んで、5、6コブでコースが終わるので、モーグルコースでのエアの練習には最適です。

ホワイトピア高鷲ゲレンデ05

(5)
一つ目のモーグルコースを下から撮った写真です。
写真では分かりにくいですが、右端のコース下部にエア台があります。


ホワイトピア高鷲ゲレンデ06

(6)
2つ目のコースは1つ目のコースのすぐ下にあります。ライン数は1つ目のコースと同じ3ラインですが、コース長は1.5倍およそ170〜180m(目測です。)位あります。斜度は1つ目より若干ありますが、それでも20度弱(これも目測です。)位です。コブ間はほぼ同じです。第1〜第3セクションまでの間隔は、1:2:2位です。


ホワイトピア高鷲ゲレンデ07

(7)
二つ目のモーグルコース下から撮った写真です。斜度が一定なのが見て取れます。エア台の着地ポイントもきれいでクセは無いです。一応、オレンジのネットで区切られていますが、開放的なローケーションで、モーグル専門職の人以外でも気楽にコースに入れるのではないでしょうか。


Copyright(C) 2007 MOROKEN.COM All Rights Reserved.
ご利用上の注意 サイトマップ