トップページへ
 アクセス

 東海北陸道「高鷲IC」から15分ほどですが、2つ手前の「ぎふ大和IC」付近から田んぼ道を通り峠を越えるルートで行ってみました。高速をおりて国道156号線に入り、2Kmほど行くと道の駅「古今伝授の里やまと」という看板が見えます。そして高鷲方面向かって左手に昭和シェルがあります。 それを過ぎてすぐの交差点を右折します。右折するとすぐ上記の道の駅があります。そして、その道を数キロ進むと、今度は道の駅「白鳥ふれあいパーク」があります。そこからさらに、道なりに直進して30分ほどでスキー場につきました。取材時は、夜が明け、山道にも雪もなく、のんびりと田舎道を楽しみましたが、片側1車線の峠道が続くので降雪時や夜間は、「高鷲IC」から行くのが無難かもしれません。

ホワイトピアたかす マップ
 写真
ホワイトピアたかす ① 「第4ペアリフト」を右手に降りた場所から撮った写真です。左手にモーグルコース、右手に「第4ペアリフト」が見えます。
ホワイトピアたかす ② 「第2クワッドリフト」降り場付近から隣の鷲ヶ岳スキー場のリフトが見えます。
ホワイトピアたかす③ 「第2クワッドリフト」を降りて右手のコースです。写真で見るより斜度があります。 コース幅もあり、人も少ないので、フラットの練習にオススメです。
ホワイトピアたかす④ 一つ目のモーグルコースです。斜度は15、6度位だと思います。斜度、ピッチ、大きさとも一定のコブが3ラインあります。山に向かい一番右端ライン下部にはエア台もあります。
ホワイトピアたかす ⑤ 1つ目のモーグルコースを下から撮った写真です。 写真では分かりにくいですが、右端のコース下部にエア台が1つあります。
ホワイトピアたかす⑥ 2つ目のコースのライン数も3ラインです。コース全長は、およそ170~180m(取材時)です。斜度は20度位です。
ホワイトピアたかす⑦ 2つ目のモーグルコースを下から撮った写真です。エア台の着地ポイントもきれいです。
Copyright(C) 2007 MOROKEN.COM All Rights Reserved.