トップページへ
‘07-‘08年雪上リポート開始です
12月15日の未明、東海北陸道を高山方面に走っていると、道路交通情報で「白鳥より北、雪の為チェーンが必要」という案内がありました。東海北陸道関ICを過ぎてもなお、自動車のフロントガラスをたたくのは雨だったので、そんな情報も今ひとつピンときませんでした。加えて、‘06−‘07年シーズンは雪道らしい雪道を走ることがほとんどなかったこともあり、なおさらでした。道路情報の通り、白鳥ICをすぎると雨が雪に変わり、たちまち路面が真っ白に変わりました。 今回の高鷲スノーパークが‘07−‘08シーズンの初雪上スキーだったのですが、大雪だった'05−'06年のシーズンと今年を重ねずにはいられず、期待が膨らむシーズンインとなりました。

『闇支配人』さんと打ち合わせ
 高鷲スノーパーク駐車場には午前6時前に着きました。駐車場にはまだ車は少なく、センターハウス付近に車を停めることができました。少し車で仮眠をとり、それから朝食をすませ、そして
センターハウスインフォメーションに向かいました。そこで『闇支配人(高鷲スノーパーク公式ホームページ「スタッフ日記」筆者)』さんを訪ね、取材の打ち合わせをしました。取材日当日(12月15日)はまだ全面オープンしておらず、「ダイヤモンドコース(MAP.黄色矢印部分)」と一部迂回コースのみが滑走可能で、リフトは「SPゴンドラ」、「ダイヤモンドクワッド」以外は運行していないとのことでした。当然、「スーパーコース(MAP.オレンジ色部分)」にある常設モーグルコースはまだオープンしていませんでした。それでも、『「ダイヤモンドコース」頂上付近左側にラインコブがありますよー。』とのこと。その一言で、一気に気分が高揚してしまいました。

充実度の高いスキー場です
 高鷲スノーパークは、センターハウス付近にある15人乗りのゴンドラで一気に頂上まで上ることができます。頂上からベースのセンターハウス付近までは、滑走距離にして約4000メート

高鷲スノーパーク 高鷲スノーパーク・ラインコブ 高鷲スノーパーク・ラインコブ 非圧雪バーン 高鷲スノーパーク・スーパーコース