トップページへ
 今回は車の話です。最近アメ車がすごくカッコ良く見えてきました。お金があれば欲しいって思います。日本にいた頃は、アメ車を特に意識することもなかったし、大きいから多分狭い道では運転しにくいだろうなってくらいにしか考えてませんでした。 
 アメリカ人って本当にデカイ車、大排気量の車が大好きみたいです。原油高に始まって、経済危機の真っただ中の最近でこそ、トヨタのプリウスとか、ホンダのフィットとか日本サイズの小型車も良く見かけるようになりましたが・・・。 でも最近、なんで大きな車を好むアメリカ人が多いのか分かったような気がします。  「“大は小をかねる”ってことで、そりゃーガソリンが安くて、道路が広かったら車はデカイほうがイイに決まってるよ。」ってこともあります。 でも、例えば僕の家からお気に入りのスキー場へ行くとなると、600キロ以上の距離を移動しなければいけません。この距離を長時間かけて運転するとなると、やっぱりデカイ車のほうが楽です。「アメリカは広いから長距離移動は飛行機じゃ・・・?」って思ってたんですけど。でも、実際に飛行機で移動しても、空港から先は車でないと目的地にたどり着けない事が多く、結局空港付近で車を借りなきゃならないことに。そうなるとかなり割高になってしまいます。家族とたくさんの荷物を積んで、キャンピングカーやボートを牽引して、広大な国土を何日もかけて移動するとなると、やっぱ車はデカイに限ります。  なんだかんだ言って、多くのアメリカ人がデカイ・クルマやめられない理由、このへんじゃないかと思うんですけど。