トップページへ
 この前、初めて警察に捕まりました。速度違反です。時速10マイル(16キロくらい)オーバーしてたみたいです。ルームミラーで後ろを見ると、パトカーが赤色灯を点灯させて走っていました。特に気にせず、しばらくフツーに走っていたのですが、そのパトカーに停められました。停めておきながら、すぐに警官はパトカーから降りてきません。多分、僕の車のナンバーを照会してたんだと思います。ようやくパトカーから降りてこっちに近づいてくるのが、ミラー越しに見えました。右手は腰の銃ホルダーに手をかけています。「警官が銃に手をかけて職務質問をする」ということは聞いてましたが、実際に目の当たりにすると本当にビビります。ここで慌ててポケットにある免許証に手を入れると、誤解されて撃たれることもあるので、とにかく指示があるまでハンドルを、それも警官から見える位置、“(時計の針の)10時10分の位置”を両手で強くにぎりました。
 その警官は、「なぜ赤色灯を点灯させたのに停まらなかったんだ!」とえらく怒ってました。後日、会社の人に聞いたら「日本と違いサイレンが鳴ってなくても、赤色灯が点灯したら前の車は停止しないといけない。」ということらしいです。その警官、僕が“逃げた”と思ったみたいです。でも、その時は警官が怒っている理由も良く分からなかったし、なんかヤバい雰囲気だったので、「コトバ、ワカリマセン」ってふりをしたら、いよいよ警官が怒って、僕の車のメーターをガンガン叩いて、「スピード!、スピード!」って・・・。いやー、こわかったです。 幸い違反切符は切られなかったですが。