トップページへ
<基本姿勢>
加藤 - ストレートジャンプはモーグルエアの基本です。まず、平らな場所にたって姿勢の確認をしましょう。
ポイントは、二つです。

・ヒザを前に倒す(ブーツのスネ部分に圧力をかける。)
 体重を前に“あずける”感覚です。これはエア台の斜度に対して後傾にならないためです。特にエア台の角度が強い台では、ブーツのカカトより後ろに重心が残ってしまわないよう気をつけましょう。

・上半身は起こす
 上半身は力を抜いて構えてください。この時、極端に前のめりにならないよう気をつけましょう。

<テイク・オフ>
 次にテイク・オフ(踏みきり)です。先ほどのアプローチ姿勢を保って、リップにさしかかったら下半身にしっかり力を入れてください。踏み切るポイントは、エア台の頂点もしくは、手前を狙ってください。(写真:「踏みきりポイント」) この時、以下の点を意識してください。

・真上に飛ぶ
地面に対して垂直に飛んでください。

・“シンプル”に飛ぶ
 踏切前に反動をつけたりせず、できるだけシンプルな動きを心がけてください。これは、いろいろなエア台に対応するためです。

<空中姿勢>
 空中でのポイントは以下の二つです

・視線
 真下を見すぎない。

・手の位置は真横、もしくは前に出す (注:1)
 手の位置が、体の後ろにならないよう気をつけてください。

<ランディング>
ランディング(着地)の際は両手を前に出してください。こうすると、着地後、スムーズにターンに入りやすいです。 注:1空中姿勢で、両手を前に出しているときは、そのままの姿勢で着地します。)

<視点について>
エア台にアプローチする際、ついつい足元を見てしまいがちですが「遠くを見る」ことを心がけてください。目安はその10メートル前後、この時自分の板のトップが入るくらいが良いと思います。(写真:「視線イメージ写真」)

スプレッド、ツイスターや、コザックなどの“アップライト系”のエアはもちろん、バックフリップなど3D系に進む際にも、このストレートジャンプが基本となるのでしっかりと練習してください。(加藤)
加藤さんへの質問

・ウォータージャンプでの効果的な練習方法は?

加藤 - ウォータージャンプと雪上の違いは着地(水)ポイントの斜度の違いです。雪上のモーグルコースやエア台は着地点は斜度がついていますが、ウォータージャンプでは水平です。この違いに違和感を感じる人もいるかもしれません。また、「ウォータージャンプの着水に慣れると、斜度のある雪上では着地のバランスがくずれるのでは?」 という質問をよくもらいます。大切なことは、ウォータージャンプで練習する時も、特に着水時を強く意識すると良いと思います。ウォータージャンプだとついついランディングの意識が薄まりがちですが、水面にキチンと着水できるようになれば、雪上で斜度があっても問題ないと思います。

・O‐air(オーエア)の魅力は?

加藤 - O-airでは、さまざまなレベルのスキーヤー、スノーボーダーを想定した9個のエア台がありますが、実戦のモーグルコースを意識した台もちゃんとあることです。
 それと、ロケーションの良さですね。大阪中心部から約15キロ、最寄りの阪神高速「水走」ICから車で約30分圏内にあることです。また、深夜23時40分まで営業しているので(一部期間を除く)、フィットネスクラブ感覚で利用できるところでしょうか。
 それから、スタッフ一同お客さんとのコミュニケーションをとても大切にしているところです。スタッフは「O-air」のロゴが入ったシャツを着ているので、どんどん声をかけてください。
Copyright(C) www.moroken.com.All Right Reseaved