大阪ウォータージャンプ・O-air(オーエア) トップページへ
 新アイテム

‘09シーズン、O-air(オーエア)に新アイテムのジブ‐「遊BOX(アソボックス)」ができていました。設置場所は、9番エア台のプールサイドです。

<スペック>
●アプローチ長:6メートル
●アプローチ角:25度
●リップ角度:11度
●レール素材:塩化ビニール
●レール長:4メートル

大阪ウォータージャンプ・O-air(オーエア)
 スペック変更

8番エア(写真中央)のキッカーの角度やスタート台の高さが変更になっています。
『‘08シーズン時はエアの高さがでるように造っていましたが、今シーズンから、高さをおさえて飛距離が出るように変更しました。「ビタ着」した時の腰や、ヒザへの負担が軽減されると思います。また、キッカー(ジャンプ台)の角度を4度、緩やかにしたので、ボーダーの方にも飛びやすい台になったと思います。』(スタッフ談)

<変更点>
●キッカーの角度:30度←34度
●リップから水面までの高さ:
2.9メートル←3.1メートル
●スタート台と水面との高低差:
10.4メートル←10.0メートル
大阪ウォータージャンプ・O-air(オーエア)
 使い勝手が向上

プールの側面はなだらかな傾斜になっています。陸上へは ラバーシート(写真右の黒色部分)に板のエッジをたててあがるのですが、今シーズンより、エッジをかけやすいように木の棒がプール壁面とラバーシートの間に取り付けられていました。
 見た目は地味なアップグレードですが、これによりプールから、陸上へ上がるのが飛躍的に楽になりました。

大阪ウォータージャンプ・O-air(オーエア)
Copyright(C) 2009 MOROKEN.COM All Rights Reserved.