タイトル
場所 スキージャム勝山  2007年2月17日 Vol.4
コーキさん
  • スキーヤー コーキさん
  • モーグル歴 12年
  • 板       ハート
  • スキー靴   ドロミテ(コーキさんのオススメでフレックス110を使用。)
  • 金具      マーカー

コメント

先週に続き、ジャム勝に来ました。 週の後半から気温が下がって、解けた雪が氷に変わり、モーグルコースは硬く締まり、先週と打って変わりスピードコントロールがとても難しいコースになっていました。 沢山のスキーヤーがこの状況に苦労していました。 コーキさんは、このコースを完全にコントロールしていました。ブレることのない上半身と鋭くスピーディーな膝の動きから繰り出される高速ターンは、見ていて圧倒されました。左の写真はコーキさん(左から二人目)とそのお友達です。

01

山に向かって左手のコース中間部です。
ここからスピードが上がります。

02

左の写真の次のターンです。一瞬で膝を切り替えスピードとコブのタイミングを合わせていました。

03

微動だにしない上体と、リラックスしたストックワークです。 また、板も完全に雪面を捉えています。

04

ストックは基本的にコブの頂上についていましたが、スピードとコブの形に合わせコブの裏に突くことも。

05

ゴールライン直前の写真です。

ご利用上の注意 サイトマップ