タイトル
場所 ホワイトピア高鷲  2007年2月24日 Vol.5
main
  • スキーヤー  ヨシさん
  • モーグル歴  7、8年
  • 板        IDone
  • (以前は、フィッシャーのルーナーを使っていたそうです。 現在使用の板は『トップがしなやかで、滑らかにコブを捉える』とのことで ヨシさんのイチオシです。)
  • スキー靴   フレクソン
  • (以前は2ピースのブーツをつかっていたそうですが、それと比べると『膝の入りが良い』そうです。)

コメント

今回の取材はホワイトピア高鷲のモーグルコース(2連発のコースの2つ目)です。東北や北海道を除くほとんど全てのスキー場がそうだったのではないかと思いますが、前日に雨が降り、取材時の気温が下がり手元の気温計ではマイナス3度、スキー場全体が氷のようでした。斜度こそ20度前後ですが、たくさんのスキーヤーがコントロールを失い、上から下まで通して滑っていた人は数えるほどでした。転倒した人が、そのまま10m位滑落してる場面もありました。 ヨシさんはスキーのトップを積極的にコブにあて、スキー板全体のタワミを利用して滑っていたのが印象的でした。また、低いポジションですが、上体が遅れることなく力強いエッジングでした。

01

板をしっかりと回しこんでいますが、 上体がローテーションせずフォールラインに向いてます。

02

低いポジションですが、スネ角と上体の角度が平行に保たれています。

03

しっかりと足が閉じられ、滑らかな吸収動作です。

04

ストックは97cmだそうです。


ご利用上の注意 サイトマップ